女性の顔の乾燥は毎日のメイク&クレンジングの影響大!

手足はそんなことはないんだけど顔だけが乾燥するという場合、おそらくスキンケアに問題があります。頬の高い部分が乾燥するという人はもう間違いないです。

女性の肌は、キメは細かいものの皮膚が薄く、バリア機能が弱めなうえ、皮脂が少ないので、乾燥を感じやすいという特徴があります。

なので、できるだけ皮脂の流出を防ぎ、バリア機能を守らないといけません。

にもかかわらず、バリア機能を壊す界面活性剤入りのメイクアップ化粧品を使い、メイクを落とすための界面活性剤の塊であるクレンジングを使っているのが現状です。それもほぼ毎日。

そりゃー肌も乾燥するわけですよ。

皮脂は洗い落としても数時間で元のレベルに戻りますが、肌のうるおいの8割を担うセラミドなどはターンオーバーの過程で作られるものですから、元のレベルに回復するまでには数日から数週間かかります。

だから毎日、メイク&クレンジングをしていれば、肌のバリア機能は一向に回復することがありません。

これがおそらく女性の7~8割が乾燥肌だといわれる原因です。

※加齢が肌の乾燥を促進することは確かにありますが、メイク&クレンジングによる影響に比べれば微々たるものです。

というわけで、顔の乾燥が気になるという場合、保湿ケアとしてまず取り組まないといけないのはメイクとクレンジングを見直すことです。

自分でわざわざ肌のうるおいを奪って乾燥肌を作ってしまっているわけですから、その行為を止めないことには先に進めません。

ただ、メイクするのを止めるというのは、ほとんどの女性にとっては無理な話です。すっぴんを晒すぐらいなら乾燥肌のままでもかまわないという人も多いはず。

なので、実践できそうな現実的な対応策を挙げると、

● メイク&クレンジングをしない日を少しでも多く作る(=肌断食)
● クレンジングをせずに石鹸で落とせるメイクができないか考える
● クレンジング代わりにオリーブオイル等を使ってメイク汚れを落とす

こんな感じになります。

メイクとクレンジングを比べるとクレンジングのほうが乾燥肌への影響は大きいです。そのため、メイクを止めるのは無理でもクレンジングを止めるor減らす方法は全力で考えて欲しいなと思います。

それからクレンジングが肌の乾燥を促進してしまうからと、洗浄力がマイルドなミルクタイプのクレンジングなどを使っている人もいると思いますが、汚れがなかなか落ちないからと肌を擦ってメイク汚れを落としているケースが多いので注意してください。

クレンジングは汚れを浮かせて落とすもの。擦って落とすものではありません。

肌を擦ってしまえば、それだけバリア機能が壊れますし、炎症や色素沈着を引き起こす原因になって肌老化を推し進めてしまうので、むしろ肌状態が悪化する原因になりかねません。要注意です。

男性の顔の乾燥は「毎日のヒゲ剃り」が原因だった!?

男性の場合、女性に比べて皮膚も厚いですし、皮脂も多いです。女性のように毎日メイクをしてクレンジングするわけではないので、本来なら乾燥には強いはずです。

では、実際に男性で乾燥肌に悩んでいる人はいないのか?というと、乾燥している人がほとんどなんです。

皮脂が多いので、その油膜のおかげで乾燥しているという実感がない人も多いんですが、肌の水分量などを調べると乾燥肌に相当している人がほとんどです。

何が男性の顔の乾燥肌の原因になっているか?というと、毎日の「ヒゲ剃り」です。

カミソリを使って、あるいは電動シェーバーを使って、ヒゲを剃っている人は多いと思うんですが、イメージしてもらえばわかるように、ヒゲ髭剃りはヒゲと一緒に肌の角質層の表面も削り取ってしまうんですね。

これってようするに毎日ピーリングしているのと同じことです。

ピーリングを定期的にすることは肌の新陳代謝を促し、美肌になるなんてことがいわれていますが、毎日やるものではありません。頻度が高ければそれだけ肌への負担が増して、ピーリングの悪い面がでてきてしまいます。

悪い面って何?ってことですが、削り取られた角質層を修復しようと肌のターンオーバーが早くなりすぎてしまうことです。

ターンオーバーは遅れてしまうことが肌トラブルの原因になると思っている人は多いと思いますが、早くなりすぎてもトラブルの原因(=特に乾燥肌)になります。

具体的にいうと、セラミドであったり天然保湿因子といった肌のバリア機能を構成する保湿物質はターンオーバーの過程で産生されるわけなんですが、ターンオーバーが早くなりすぎると、これらの保湿物質が十分に作られなくなるので、不完全で脆いバリア機能が形成されてしまうんです。

結果、外部刺激にも弱い、肌の水分を保持できない乾燥肌や敏感肌になってしまいます。

また、毎日のヒゲ剃りは、毛穴に負担をかけますし、不衛生なカミソリやシェーバーを使うことで雑菌が毛穴に入って炎症を起こすことも多いです。

赤いニキビのような湿疹ができたり、色素沈着ができてしまいますし、炎症は肌老化を進めてしまうのでいいことは1つもありません。

なので、ヒゲ剃りの頻度が高い人や肌や毛穴に負担をかける間違った方法でヒゲ剃りをしている人は、肌が乾燥していることはもちろん、赤や黒の色素沈着が頬や顎の裏側に点在しているはずです。

特に顎裏はひどいです。そこだけ別世界になっていることがあります。

というわけで、男性にとっては、ヒゲ剃りが乾燥肌の一番の原因になっています。

男性の顔の乾燥肌対策として一番いいのは、ヒゲ剃りを止めることなんですが、メイクをやめれない女性同様、それは無理だという人も多いと思います。

そういう方は、より肌と毛穴に負担のかかるカミソリではなく電動シェーバーにすること、それから電動シェーバーはアルコールで常に消毒して、清潔にしておくこと、アフターケアだけでなく、プレケアもしっかりすることで、なんとか肌への負担を減らすしかありません。

ヒゲが濃い人は脱毛なんかも考えたほうがいいかもしれませんよ。

全身保湿マニュアル内で閲覧数が多い記事一覧

《女性のほうが乾燥しやすい!?》

女性のほうが乾燥しやすい!?

一般的に、肌の構造上、女性のほうが乾燥しやすいといわれています。毎日のメイクやクレンジングがさらに輪をかけているというのはもはや常識です。

《顔用のおすすめ保湿クリームは?》

顔用のおすすめ保湿クリームは?

顔は、乾燥だけでなく、シワ・たるみ、クマといった肌老化も気になるところ。保湿だけでなく、プラスアルファのあるフェイスクリームを使うのが◎。

《冬の空気の乾燥と湿度対策》

冬の空気の乾燥と湿度対策

冬は乾燥肌の人にとっては非常に辛いです。全身がカサカサして角層が毛羽立ち、粉が吹きます。ところでなんで冬は肌が乾燥するかわかりますか?

《皮疹とかゆみがあれば皮膚科へ》

皮疹とかゆみがあれば皮膚科へ

ブツブツやじくじくした発疹や赤みやかゆみがひどいようなら皮膚科へいったほうがいいです。自己流のスキンケアは症状を悪化させることがあります。

このページの先頭へ