キュレルのいいところ、悪いところ

キュレルは私が現在愛用しているスキンケア化粧品になります。乾燥性敏感肌向けなのでこのサイトをご覧の方にはコンセプト的にはぴったりなんではないかと思います。

キュレルのいいところを自分なりにまとめてみると

  • どこの薬局、ドラッグストアにも置いてあって手に入れやすいから
  • 顔にも体にも使える全身に使える保湿ローションが便利だから
  • 保湿成分としてセラミドが配合されているから
  • 刺激が少なく、使い心地もいいから
  • 値段も安く、コスパがいいから

とこんなところが長所のように思います。全身に使えてしかも値段が安く、セラミド保湿ができるというのがキュレルの一番の魅力ではないでしょうか?

一方で短所というかなんというか知っておかないといけないのは、セラミドはセラミドでも疑似セラミドというところでしょうか?

まぁ天然セラミドを使ったらこんなお手頃な値段で全身用の保湿ローションは購入できないのでここは仕方ないと思いますが。

アトピー肌には使えないみたいですが、赤ちゃんのデリケートな肌から年配の方の皮脂欠乏症にまで安心して使える低刺激設計で年齢に関係なく使えるので、非常に便利だと思います。

まぁ使ってみないと保湿効果があるとか低刺激とかはわからないところもあるんですが、とりあえず全身に使える保湿ローション(私が使っているのは乳液タイプ)ということであれば、まずはキュレルを使ってみたらどうかなと思います。

全身保湿マニュアル内で閲覧数が多い記事一覧

《女性のほうが乾燥しやすい!?》

女性のほうが乾燥しやすい!?

一般的に、肌の構造上、女性のほうが乾燥しやすいといわれています。毎日のメイクやクレンジングがさらに輪をかけているというのはもはや常識です。

《顔用のおすすめ保湿クリームは?》

顔用のおすすめ保湿クリームは?

顔は、乾燥だけでなく、シワ・たるみ、クマといった肌老化も気になるところ。保湿だけでなく、プラスアルファのあるフェイスクリームを使うのが◎。

《冬の空気の乾燥と湿度対策》

冬の空気の乾燥と湿度対策

冬は乾燥肌の人にとっては非常に辛いです。全身がカサカサして角層が毛羽立ち、粉が吹きます。ところでなんで冬は肌が乾燥するかわかりますか?

《皮疹とかゆみがあれば皮膚科へ》

皮疹とかゆみがあれば皮膚科へ

ブツブツやじくじくした発疹や赤みやかゆみがひどいようなら皮膚科へいったほうがいいです。自己流のスキンケアは症状を悪化させることがあります。

このページの先頭へ