全身保湿マニュアル~私の乾燥肌&アトピーの克服方法

今年の冬も乾燥肌に苦しむのかと憂鬱な方へ

今この文章を書いているのが9月15日なんですが、あと2か月もすれば肌が乾燥しはじめます。夏の暑さも今年もあの暑さがやってくるのかーと気が滅入りますが、冬は冬であの乾燥肌のかゆみがやってくるのかーと憂鬱な人は多いはずです。


だいたい11月ぐらいからはじまって3月ぐらいまでは空気が乾燥し、湿度が低い日が続くのでこの間は肌の水分が湿度の低い空気に奪われるので乾燥肌になります。顔はもちろん、手足もカサカサになって粉を吹いて、かゆくなるんですよね。


全身がまさに保湿を欲するわけです。


私の場合、ここ数年は毎年のように皮脂欠乏症に悩まされてきました。それから今は落ち着いていますが、アトピー性皮膚炎だったこともあります。だから冬だけでなく、年中、肌の保湿や乾燥肌についてその対策を考えていました。そしてその集大成としてまとめたのがこのサイトです。


● なんで肌が乾燥するのか?肌に何が起こっているのか?
● 乾燥肌とアトピー性皮膚炎の違いは?
● こたつに入るとなんで足がかゆくなるの?
● ドラッグストアで買えるおすすめの保湿クリームは何?
● 乾燥肌で皮膚科に行ってもいいの?どんな治療を受けるの?
● 日常生活ではどんなことに気をつけたらいいの?


といった乾燥肌で苦しむ人が知りたいことはだいたい網羅されているんじゃないかと思います。基本的に個人的な体験とその時に調べたことをまとめたものなので、生きた情報になるんではないかと自負しております。


全身保湿マニュアルのカテゴリ一覧

◎ 乾燥肌の予備知識

≪肌が乾燥する5つの原因≫
自分の肌が乾燥しているなーと思ったらその原因をまずは追究してみるべきです。空気の乾燥や湿度の低下だけが乾燥の原因ではありません。

≪皮脂欠乏症(乾皮症)≫
特に下半身が猛烈に乾燥して痒くなる場合は皮脂欠乏症(乾皮症)の可能性大です。昔はおじいちゃん、おばあちゃんの皮膚疾患でしたが今はもう年齢は関係ありません。

≪成人型アトピー性皮膚炎≫
現代人は3人に1人がアレルギー体質ということで花粉症のようにアトピー性皮膚炎をいつ発症してもおかしくありません。特にストレスが多い人は注意が必要だと思います。

≪女性のほうが乾燥しやすい!?≫
いろいろな意見はあるのですが一般的には女性のほうが乾燥しやすいといわれています。その理由を詳しく解説します。

≪乾燥肌は遺伝子変異!?≫
何をしても乾燥肌がよくならないと生まれつきなのかも?と思ってしまいますが、それは大部分正解です。両親から受け継ぐ遺伝子のなかには乾燥しやすい肌質も含まれます。

◎ 【全身用】保湿クリーム

≪キュレル≫
乾燥性敏感肌といえばキュレル。私が現在使っている保湿クリームです。キュレルの良さや物足りないところなど個人的な感想や印象を語ってみました。

≪ニベア≫
ガッテン塗りに使う保湿クリームとして有名になってしまったのがニベアクリーム(青缶)です。過剰な保湿ケアを止めてニベアを使ったシンプルケアに変えたところ美肌になった人が続出しているんだとか。

≪アルージェ≫
天然セラミド配合のクリームを使ってみたいなーと思っていますが、顔用なので全身に使うのはどうかと悩んでいます。かなり評判はいいので、乾燥肌の人はチェックしておきたいブランドです。

≪尊馬油(ソンバーユ)≫
馬油といえば薬師堂の尊馬油(ソンバーユ)です。頭皮の乾燥から顔、手足の乾燥にいたるまで安心して使えますし、肌トラブル全般に効果を発揮してくれるので一家に1つあると何かと便利なはずです。

≪コラージュ≫
年齢敏感肌を対象に化粧品を開発している化粧品ブランドのコラージュが販売しているボディークリームです。保湿力はなかなかなんだとか。使ってないのでわかりませんが。

◎ 肌を乾燥から守る生活習慣

≪乾燥肌を防ぐ食生活≫
肌は普段食べているものから形成されるということを考えると毎日の食事というのは大事です。乾燥肌を防ぐために摂取したい栄養素や意識したい食事のポイントをまとめました。

≪お風呂の入り方・身体の洗い方≫
寒くなる秋冬はお風呂が恋しくなりますが、お風呂の入り方や身体の洗い方が乾燥肌を促進しているケースが多々あります。乾燥から肌を守るお風呂の入り方を紹介します。

≪心理的ストレスとの付き合い方≫
アトピー性皮膚炎を発症させたり、悪化させる最大の要因だと個人的に思っているのがストレスです。ストレスとの付き合い方を考えないと現代人はみんなアレルギーになってしまうんじゃないかと心配しています。

≪冬の空気の乾燥と湿度対策≫
冬は乾燥肌の人にとっては非常に辛いです。全身が乾燥して粉吹きますからね。ところでなんで冬は肌が乾燥するかわかりますか?そんな疑問について回答してみました。

◎ 皮膚科で治療する!

≪皮疹とかゆみがあれば皮膚科へ≫
面倒だったり、混んでいるから行きたくない皮膚科ですが、ブツブツやじくじくした発疹や炎症とかゆみがあれば皮膚科へいったほうがいいです。その場合は自己流のスキンケアは症状を悪化させることがあります。

≪皮膚科でもらえる保湿剤≫
市販の保湿クリームより低刺激で保湿力があると評判なのが皮膚科でもらえる保湿剤です。 炎症や肌荒れがひどければワセリン、角化異常があれば尿素、カサカサやツッパリ感にはヒルドイドが処方されやすいです。

≪乾燥肌はいつ治るのか!?≫
生活習慣や食生活を変えて、保湿スキンケアをすればいつの日か乾燥肌は治るんでしょうか?乾燥によるかゆみに苦しめられている人は痛切に思うことですよね。個人的にこの問題について意見を述べてみました。

運営者情報 |  ATOM |  サイトマップ

毎年、冬になると顔はもちろん、手足、お腹、背中と全身が乾燥して辛い&かゆいという方へのためにおなじく乾燥肌の管理人が実践している乾燥を防ぐ生活習慣&おすすめ保湿クリームを紹介します。冬の辛い乾燥をなんとか克服して一緒に春を迎えましょう!

Copyright © 2013 全身保湿マニュアル~私の乾燥肌&アトピーの克服方法 All Rights Reserved
※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。